DVDのプロテクトを解除せずに好きなDVDをコピーする裏技!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
DVDのプロテクトを解除して複製することは
残念ながら法律的にNGなので出来ません。

DVDのプロテクトが解除できないと、
多くのDVDのリッピングが上手くいきませんよね。

そこでDVDのプロテクトを解除しないでも、
ほとんどのDVDがコピーできてしまう方法をお教えします。

DVDのプロテクトを解除せずにコピーする

用意するものは:
■コピーしたいDVDとDVDプレーヤー
■映像出力用AVケーブル
■EzCAP HD
■パソコン

ステップ1 <DVDプレーヤーとEzCAP HDをAVケーブルで繋ぐ>

DVDプレーヤーの映像出力端子をEzCAP HDのINに接続します。
普通のAVケーブルが使えますが、もっと高画質にコピーしたいならS-ビデオ端子やコンポーネントケーブルも可能です。

手順1

ステップ2 <EzCAP HDとパソコンを繋ぐ>

EzCAP HDとパソコンを付属のUSBケーブルでつなぎます。

操作手順2 

ステップ3 <パソコンで録画操作を行う>

パソコンでEzCAP HD付属のソフトを開きます。
DVDプレーヤーでDVDを再生すれば、
映像がパソコンに反映されます。
コピーを開始するタイミングで「キャプチャ」をクリックします。
終了するタイミングで「停止」をクリックします。

操作手順3

これで完了です!
DVDがパソコンに保存されました。

なぜこの方法でDVDをコピーするのか

上記の方法で「なんか違う・・・」と思うかもしれませんが、
EzCAP HDを使ったDVDコピーにも幾つか利点があります。

方法比較

なによりも不正なリッピングは怪しい海外のソフトを使うことになり、
リッピングの証拠はパソコンにはっきり残りますので、
そういう心配がなく好きなDVDをコピーすることができます。

EzCAP HDは1080pの高画質まで対応し、
様々な入力端子が接続できるので、ここでオススメしています。

⇒詳しくはホームページを是非ご覧ください

b4967d815facfb004a507961c8719578

DVDのプロテクトを解除してもばれるのか?

DVDのプロテクトを解除してもばれるのか?

誰か1人DVDのプロテクトを解除して複製しても
もちろんその瞬間警察が家に飛び込んできて、
その場で押さえつけられながら逮捕されるわけではありません。

しかしDVDのプロテクトを解除する事ができる不正なソフトは
海外のメーカーが違法行為だと知りながら日本に向けて販売しています。

このような会社にクレジットカードの情報を渡すことになり、
日本の消費者センターもホームページで調べる限り、
悪質な海外企業について注意を呼びかけるぐらいで、
それ以上の処置は難しいようです。

現在の法律では、例え個人で使う目的であっても、
プロテクト(技術的保護手段)を解除して複製することは違法です。

ばれるか、ばれないかといっても
不正なコピーはやはり犯罪になりますし、
その証拠も残ります。

しかし法律内で行えるDVDコピーもあります。
ここではキャプチャコピーという手法で
DVDをコピーする方法を紹介しています。

キャプチャコピーは不正なリッピングほど手軽ではありませんが、
プロテクトを解除することがなく、法律も個人使用目的なら許されていますので、DVDコピーがばれることがあっても問題になりません。

キャプチャコピーを可能な限り高画質で行うのであれば、
EzCAP HDを使うことをおすすめしています。

詳しくはEzCAP HDのホームページをご覧ください。

 

 

 

 

DVDの映像をプロテクトを解除せずにできるだけ高画質に保存

DVDの映像をプロテクトを解除せずに保存するためには、
キャプチャ機器を使ってキャプチャーする方法がオススメです。

そこで気になるのがDVDの映像をキャプチャした時の画質です。

せっかくDVDの映像をキャプチャして保存したとしても、
画質が荒かったり汚かったりしたら意味がないですからね。

私がオススメする方法は、EzCAP HDを使ってコンポーネント接続でキャプチャする方法です。

コンポーネント接続でDVDのキャプチャをすれば、
何もプロテクトを解除せずとも高画質で保存することができます。

ただし、全く同一の画質とまではいきませんが。。。

コンポーネントとは、青・赤・緑のケーブルのことです。

comp_1

青・赤・緑のケーブルってあんまり馴染みがないですけどね。

多くの人に馴染みがあるので、赤・白・黄色のコンポジットケーブルではないでしょうか。

conp_2

私もEzCAP HDに出会うまでは、コンポーネントケーブルの存在自体知りませんでした。

しかし、実際やってみるとアナログ接続なのにも関わらず意外と綺麗でした。

まぁ、DVD自体がそんなに画質がいいものではないのであれですが
ブルーレイなどで是非試して欲しいですね。

↑ブルーレイですが画質比較動画です。

DVDのプロテクトを解除せずにここまでできるとは正直驚きでしたね。

>>>DVDを動画ファイルにできるキャプチャ機器の詳細

EzCAPHD_468×60_140619

DVDの映像はプロテクトを解除しなくても保存できます。

DVDの映像を保存したいと思ったとき、真っ先に思いつく方法は
DVDをリッピングすることだと思います。

厳密に言えばリッピング=コピーガードではないですが、
今ではDVDをリッピングする=コピーガードを解除するではないでしょうか?

しかし、DVDのコピーガードを解除しコピーすることは
著作権法違反になるので注意が必要です。

では、コピーガードのようなDVDのプロテクトを外さずにDVDの映像を保存する方法はないのでしょうか?

実はあります。

その方法とは、キャプチャ機器を使ってキャプチャコピーをする方法です。

EzCAP HDの対応OSは、Windows Vista/ Windows7/ Windows8/ Windows8.1です。
2014年6月現在購入したパソコンの場合、大体対応OSということになりますね。
(WIndows XP/ MACを使っている方はゴメンナサイ。)

EzCAP HDはどうやって使うかと言いますと…

DVDレコーダーとパソコンの間に設置するだけです。

具体的にはこういう手順です。

①Ez CAPHDとレコーダーをコンポーネントケーブルで繋ぎます。
part_1

②Ez CAPHDもコンポーネントケーブルを繋ぎます。
part_2

ここまででこんな感じになります。
part_3

③パソコンとEz CAPHDをUSBケーブルで接続します。
part_4

③Ez CAPHDに付属されているDVD-ROMでドライバーやキャプチャソフトをインストールします。
part_5

これでキャプチャするための準備はOKです。

あとは、レコーダーでDVDを再生してパソコン上にDVDの映像を流し
キャプチャソフトで映像をキャプチャすればパソコン内にDVDの動画が保存されます。

DVDの映像をキャプチャ中

上の手順では、赤/青/緑のコンポーネントケーブルを使いましたが
赤/白/黄のコンポジットケーブルを繋いで再生してもかまいません。

でも、私のオススメは断然コンポーネントケーブルです。

コンポーネントケーブルなんて持ってない!
という方でもご安心を。

EzCAP HDを購入すると、コンポーネントケーブルが付属してきます。

ちなみに、EzCAP HDを購入したときの付属品一覧です。
・DVD-ROM

・HDMIケーブル

・コンポーネントケーブル

・オーディオケーブル

・USBケーブル

ez_acc

DVDの映像を保存しておきたい方は、是非EzCAP HDを検討してみてはいかがでしょうか?

>>>DVDを動画ファイルにできるキャプチャ機器の詳細

EzCAPHD_468×60_140619

DVDのプロテクトを解除する方法とは

DVDの映像をコピーする場合、多くの人が思いつく方法はリッピングソフトを使ったリッピングです。

リッピングソフトには、各種様々なソフトが存在し
ソフトによっては解除できるプロテクトと解除できないプロテクトがあったり。

1つのリッピングソフトを購入or入手すればプロテクトなんて敵なしだぜ!
ということにはならないんです。

というかそもそもリッピング行為が違法行為なので、
やってはいけないんですけどね。。。

その点キャプチャでDVDの映像を保存する方法は、しっかり再生さえできれば
付属のキャプチャソフトでキャプチャすればOK。

デジタル信号であるHDMI接続をした場合は、HDCPというプロテクトがかかる可能性が高いですが、
アナログ信号であるコンポーネント接続で行えばHDCPの危険性はなし。

あ、プロテクト解除云々の前にDVDレコーダーが
コンポーネント接続ができるかどうかのチェックは欠かさずに。。。